ANAフライトの予約のやり方と予約の際に出る疑問にお答えします

日本人ならだれでも日系航空会社に乗りたいと思いますし、その中でも、今はJALを抜いてトップにあるANAフライトに乗りたいと思いますよね。そのANAフライトの予約のやり方と予約の際に出る疑問についてここではお答えしましょう。

ANAフライトをオンライン予約するやり方はどうすればいい?

最近では、飛行機の予約をする際に、インターネットを使っている方がほとんどでしょう。その理由は、時間や場所を選ばず、簡単にネット環境が整っていれば予約ができるということにあります。

海外では、クレジットカードやデビットカード払いが主流となっていますが、日本の場合は、コンビニ払いなどもできるので、カードを持っていない方にも便利ですよね。そこで、ここではANAフライトをオンライン予約するやり方をご紹介しましょう。

1つは、ANAのホームページから予約する方法です。これは、予約ページから必要事項を入力して、最終的には、支払いページになりますが、必要なものは、国内線であれば基本的には必要なものはありません。マイルを貯めたい方であれば、マイレージアカウントを用意して、番号を予約時に入力しましょう。

シルバー割引などを利用される方も、年齢証明された上でマイレージアカウントナンバーをここに入力しなければなりません。そして、国際線に関しては、必ずパスポートが必要になります。

パスポートに記載されている通りの名前が航空券には記載されていなければならないので、パスポートを見た上で、予約の際も、それと同じスペルを記入しなければならないためです。また、場合によっては、予約時にパスポート番号が必要になるので、必ず事前申請してください。

格安航空券でANAのフライトをオンライン予約する場合も同様で、国内線は何も必要なく予約できますし、国際線はパスポートが必要となります。しかし、この場合、クレジットカード(デビットカードもOK)でしか支払えないこともありますので、最初に、現金や振り込みで支払えるかということを確認してから予約しましょう。

また、こういった時には、便指定できる場合、自分で選択しなければいけないので、あらかじめ、何時頃出発したいなどをメモしておくと、スムーズに予約しやすいです。

ANAで自分以外の予約をすることは可能なのか、特別なやり方はある?

飛行機というのは、電車やバスの予約よりも、個人情報が必要になってくる乗り物だといえるでしょう。ANAで自分以外の予約をすることは可能なのでしょうか、そして特別なやり方があるのでしょうか。

電車やバスの予約と違って飛行機の場合は、国際線というものがありますから、その際には、赤ちゃんから大人まで、名前や性別、生年月日、国籍など、すべての情報が必要になります。国内線であっても、名前や年齢は必要になりますよね。

そんな飛行機、ANA便であっても、他の航空会社を予約するのであっても、基本的には、誰でも予約していただいて構いません。例えば、家族みんなで旅行に行くという場合、あなた自身も含めてご家族の分も一緒に予約しますよね。それと同じことです。

予約することに関しては、特に身分証明することはないので、普通に予約できるのです。これは、国内線でも国際線であってもです。しかし、注意しなければならないことがあります。それは、マイレージを使った予約の際です。

ネットを使えば簡単に予約できるのですが、電話の場合は、性別が異なれば、すぐに本人ではないということがわかります。性別が同じであっても、必ず本人確認した上で予約が始まるので、これは、本人がした方が話は早いです。

ただし、ANAのマイルを家族で同じアカウントに貯めている方もいますよね。こういった方の場合は、旦那さんのフライトの予約を奥さんがそこに一緒に加入しているのであれば、マイレージを使って航空券を予約することが可能です。

こういったケースが多いという場合には、ファミリーカードにしておけば、家族の誰かがANA便(もしくは同じアライアンスの他社便)を利用した際には、同じアカウントにマイルが貯まるので、マイルの貯まりも早いです。それに、メンバーであれば、誰もが自由にこのマイルを使えます。

ANA 国内線 アップグレード 方法TOP