ANAを予約した場合、どんなチェックインのやり方があるの?!

今度初めてANAの飛行機に乗るなんていう方もいるでしょう。そんな方はもちろんですが、今まで王道のチェックインしかしたことがないという方も、ここでは、様々あるANAのチェックインの方法について学びましょう。これさえ身につけておけば、空港にそんなに早く行かずに済むかもしれませんよ。

今主流!ANA便をオンラインでチェックインする方法とは

先述したように、今の時代、一言でチェックインといっても、いろいろなやり方があります。今までは、必ず空港のカウンターへ行って係の人にチェックイン手続きをしてもらっていましたよね。

その流れが今はだいぶ変わってきています。そこで、ここでは、今1番主流となっているチェックインのやり方、オンラインでチェックインする方法をANA便バージョンで見てみましょう。

まず、覚えておかなければいけないのが、オンラインチェックインの場合、搭乗時間(出発予定時間)の24時間前からしかできないということです。これは、ANAのホームページからすることができます。

インターネット環境が整っていれば、どの場所にいてもやることができます。その際に必要なものは、国際線の場合は、パスポート番号、メールアドレス、座席指定をすること(これは出発予定時間の48時間前から可能ですので、前日にオンラインでやっておきましょう)。

そして、アメリカ船を利用する際には、ESTA(入国用ビザのようなもの)やアメリカに住んでいる方はビザの詳細を入力してください。これでチェックインが完了ですから、空港に早くいかなくてもよいのです。

ただし、荷物をチェックインしなければいけない(預け荷物がある)方は、カウンターは混みあうので、いつも通り行くようにしましょう。もしくは、最初からそうしなくていいように、手荷物だけで旅行ができるようにパッキングも考えておくと、とてもスムーズで快適な旅行ができます。

また、国内線に関してはスキップサービスというものがあります。ANAで直接予約された方は、予約、購入と座席指定を済ませた時点で、eチケットが送られてくるので、そこに「skip」と出ていれば、QRコードがそこには出ているので、それを荷物検査場でかざせばよいだけです。つまり、チェックインを飛ばしてチェックインした状態になるのです。

ANA便の国際線を海外でチェックインするにはどうしたらいいの?

日本国内線、もしくは、日本から海外へのANA便を利用するのであれば、チェックインも日本のホームページから簡単にできるから問題ない、でも、ANAの国際線を利用して、海外でチェックインするにはもしかしたらまた特殊なやり方があるのではないかと不安になってしまいませんか。

そんな不安を解消するためにも、ANAの国際線を海外でチェックインする方法をご紹介しましょう。基本的には日本から海外へ行く時と同じです。出発予定時間の24時間前からANAのホームページからチェックインすることが可能です。

eチケットの詳細はもちろんのこと、パスポート番号やメールアドレス、座席指定の準備をしておいてください。それがそろっていればすぐにオンラインチェックインが可能です。しかし、オンラインチェックインできない方がいます。

それは、インファント(2歳未満の席を必要とするお子さんもしないお子さんも)がいる予約である場合です。赤ちゃん連れの予約というのは、オンラインチェックインも空港の自動チェックイン機は利用できないので、必ず空港カウンターで係の方にチェックイン手続きをしてもらわなければいけません。

ですので、必ず早めに空港に着くようにしてください。特に繁忙期は、とにかく混みますから、赤ちゃん連れのチェックインであっても、優先してもらえないことがあります。そうすると、お子さんも疲れて泣き出したり、それで親御さんも焦ってストレスになったりと、大変な思いをしてしまいます。

そうならないよう、面倒ではあるかもしれませんが、早め早めの行動をおすすめします。さらに、注意しなければいけない方というのが、アップグレードのキャンセル待ちをされている方です。

当日に空席が出るかもしれませんから、事前にオンラインチェックインしてしまうと、面倒なことになります。ですので、当日空席が合った場合、すぐにアップグレードができるよう、オンラインチェックインは控えてください。

ANA 国内線 アップグレード 方法TOP