ANAの国際線の発着情報は世界各国でどうやってみることができるの?

フライトを予約した時点で、発着時間についてはわかるようになっていますが、それ通りに行くことは少ないですよね。それは、ANAにしてもそうです。そこで、ANAの国際線の発着情報は世界各国でどうやってみることができるのかを、ここで覚えておきましょう。

国際線のANA発着情報を日本で見る方法はANAのホームページで

ANA便には国内線と国際線がありますが、国際線のANA発着情報を日本で見る方法はどうしたらよいのかというと、これはANAのホームページで確認できます。便名や搭乗日を入力するだけで、その情報が出てきますが、便名がわからない場合もありますよね。

そんな時には搭乗日と発着地を入力すれば検索できるので、ぜひ利用してください。また、もう1つANAの国際線の発着をチェックする手段がありますのでご紹介したいと思います。それは、各空港の発着情報をチェックするということです。

例えば、日本でも1番多く国際線が就航している場所と言えば、何と言っても、成田空港です。日本の各空港も、今では必ずホームページを持っているので、ここに発着情報が出ています。こちらも便名や搭乗日などを入力するのですが、便名に関しては、必ずANA、もしくはANAの2レターコードであるNHを入力してください。

というのも、空港の発着情報というのは、ANAだけでなく、その空港に就航している航空会社、全ての発着情報を案内しています。ですので、この航空会社名を入れないと、何の便の発着情報が知りたいのかがわからないため、何もヒットしませんので注意してくださいね。

例えば、これからタイに旅行に行くといった場合、その日があまりにも風が強い日だとなると、飛行機が飛ぶか心配です。空港に早めに行っても良いですが、待たされるのもイライラしてしまいますよね。ですから、家を出る前にこの発着情報を調べてみましょう。

そうすれば、予定通り出発するとか、出発時刻がずれるという情報が必ず出ています。この情報は天気などが理由の場合、その動きが読めませんから、発着情報を見る度に出発時刻が遅くなること(早まることはほとんどない)もあります。

海外でANAの発着情報も見られる?それはどうすればいいの?

日本へのANAの発着便は、ANAのホームページや空港のホームページなどで見られることがわかりましたよね。しかし、各空港のホームページからは、ANAの海外発着便に関する情報はみることができません。

では、海外でANAの発着情報を見る際にはどうすればいいのでしょうか。日本のANAのホームページからも、海外のANAのホームページからも、ANA便であれば発着情報を得ることができます。通常通り、搭乗日と便名、もしくは、発着地を入力すれば、詳細なフライトステータスが出てきます。

例えば、遅延している時などは、「機材トラブルのため」などと、細かく理由も表記されているので、わざわざカスタマーセンターなどに電話する必要もありません。もう1つは、日本と同じように、世界の空港でもホームページを持っているので、そこで発着情報を得ることができます。

便名(必ず航空会社の2レターNH(ANAの意味)と入力することを忘れないでください)と搭乗日を入力します。例を挙げると、アメリカの大都市の1つであるロサンゼルスにはたくさんの空港がありますが、その中心となるのがLAXです。

「LAX departure time」などと検索すれば、LAXに発着するその日のフライトステータスがずらりと出てきます。ただ、この量がとんでもない量ですから、到着予定時刻、もしくは出発予定時刻が何時くらいであるか入力する箇所があります。

それを入力すれば、それでもそれなりの数はありますが、あなたが探している便の情報を得ることができます。インターネット環境がないという方の場合、世界のいくつかの国にANAのオフィスがあります。そこへ電話して発着情報を聞くということもできます。

ANA 国内線 アップグレード 方法TOP