様々なケースで見る!ANA便を座席指定するやり方を知っておこう

飛行機に乗ってよく旅行に行かれる方は、必ずといってもよいほど座席指定をしていますよね。最近では、この座席指定が無料で行えない航空会社も増えていますが、ANAはそれができますので、どんどん利用していきましょう。そんなANA便での様々なケースで見る座席指定の方法についてご紹介しましょう。

ANAで購入したコードシェア便のチケットの座席指定の方法とは

飛行機で旅行に出かけることが多い方に関しては、座席指定をしないなんて考えられないことかもしれません。そのくらい、座席指定というのは、空の旅を快適にするためにも重要なポイントだといえるでしょう。

では、ここでは、皆さんも迷ってしまうような場合を見ましょう。ANAで購入したコードシェア便(ここではANA便名のチケットで機材が他の航空会社である場合を想定します)のチケットの座席指定の方法とはどのように行うのでしょうか。

これには2通りあります。ANAから直接座席指定する方法が1つです。その中でも1番簡単な方法として、ANAのホームページから自分の予約をもう1度だし(あなたの予約番号などを入力してくれば出てきます)、そこから座席指定のページへ進み、空席になっている座席がすぐにわかります。

その中から自分がよいと思った席を指定すれば完了です。もしくは、ANAのカスタマーサポートセンターへ電話すればすぐに座席指定してくれます。ANAは無料で座席指定ができます。LCCなどは値段が安い分有料となっていることが多いので、ANAを利用する際は、どんどん使っていきましょう。

また、コードシェア便の場合は、事前座席指定ができないものもあります。というのも、事前座席指定をコードシェア便で機材を出す側の航空会社が採用していないことがあるからです。その場合はその航空会社のポリシーに従うのでそうなります。

その際には、出発当日、カウンターやオートチェックインカウンターに早めに行って、希望の席を指定するようにしてください。その際になくても、もう1度出発ゲートの前にいる係の方に希望に近い席が空いていないかチェックしてくださいね。もしかしたら最終的に空いているということもあります。

赤ちゃんがいる時のANA便の座席指定はいつからできる?その方法は?

基本的に、どの航空会社でも赤ちゃん連れとお子さん連れの搭乗者に対しては、エコノミーであっても特別な扱いをしてくれます。ANAの場合は海外の航空会社よりもそもそものサービスの質が良いですから、この点では余計に素晴らしいと感じるはずですよ。

では、赤ちゃんがいる時のANA便の座席指定はいつからできるのでしょうか、そしてその方法はどうなっているのでしょうか。まず、ANA便の座席指定は、予約をした時点でできるようになっています。

国内線であれば、出発日の2か月前から、国際線なら半年前からが基本です。予約の際に、赤ちゃんがいるということは記録を見ればシステム上わかることなので、気が利く担当者の方であれば、あなたが座席指定をし忘れたとしても、1番前の列の座席を指定して、バシネットまでよういしてくれることがあります。

しかし、それを頼りにせず、必ず自分で予約が終わったと同時にANA、もしくは旅行会社を使う際には連絡してください。バシネット(赤ちゃん用簡易ベッド)を使いたいというのであれば、必ず最前列にしかそれは置けないので、自動的に最前列となります。

ただ通路側に座りたいというのであればそれでも良いですし、赤ちゃんと小さいお子さんがいる場合はみんな一緒に座れないと大変ですから、そういった座席を指定してもらうというのも良いでしょう。

事前座席指定しておくことで、お子さん連れであっても安心して飛行機に乗ることができます。空席が多い便であれば、周りのお客様のことも考えて、ANAでは赤ちゃんの周りにはお客さんを配置しないようにしています。

そういった対処がANA側ができるようにも(あなた自身もちょっと安心できますよね)、赤ちゃんがいる際の座席指定は積極的に、そして早目に行ってください。

ANA 国内線 アップグレード 方法TOP